Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
がんばれがんばれがんばれがんばれ!!!!!!!!!
Caoさんのブログ

ねぇどうして私はこんなに無力なの?
神様はいないって思う。本当に思う。私は今の被災地の状況を見て「全ての現象には神の意図が」と言える程、思える程、心も広くない。この生き地獄を「天罰」といった人間が、十分な食事と暖を取れて、普通の生活を送れている事に体が怒りで震える。

遠く離れて地震をまぬがれて、家族も友人も無事な私が、日々の恐怖と物理的に向き合っていない私が、感傷的にメソメソ泣いていても何も解決しないって分かっている。

でも。
同じ位の子供を持つ母親として、胸が裂かれるようなこの想い。地震直前に投稿されているsoulaちゃんの無邪気な笑顔。涙が止まらない。横で平和な顔をして寝ているちびを見て、彼がただここで息をして生きていてくれる、それだけでどれだけ自分が恵まれているか。

ただただSoulaちゃんに生きて欲しい。いや、絶対生きてくれる。だってあの史上最大の津波をあんな小さな体だで頑張って生き延びたんだもん!ママと頑張るって踏ん張ったんだよね。

テレビから流れてくるプレママ/ママ達の不安の声。お腹が張る。切迫早産。でも診てくれる病院が無い。原発避難区域内に入っている。避難所。おむつが無い、母乳が出ない、ミルクを作るお湯も無い、水も無い、脱水症状で飢餓寸前。元気な子供も、お家に帰ろうと夜泣きして、避難所で回りにご迷惑になるからと、あの寒い雪の中、外であやしている。
本当に本当に頭が下がります。母は強い。自分の命よりはるかに大切なものがある。その気持ちが多分皆を支えている。お母さん達に今日も頑張らなきゃいけないって力を与えている。みんな、闘ってる。

本当に本当に、ちっぽけな私だけど、私の残りの人生は、soulaちゃんや、ちびや、これからの未来を支えてくれる子供達が「日本に産まれて良かった」って思える為に、自分の出来る事をしなきゃいけないんだ。また、もう一度、世界に誇れる国を作り直さなきゃいけないんだ。

私を選んでくれたちびを命に代えて守らなきゃならない。そして、日本を元気にしなきゃならない。

この決意を絶対に一生忘れないように。感傷的な記事は載せまいと思っていたけれど、備忘録までに。
お許しください。
【2011/03/17 08:31】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ほっこりと。
何も出来ないけれど皆に一秒でも笑顔と癒しがあればいいな。

凄いよね。うん、本当に凄い。超proud!
http://prayforjapan.jp/tweet.html

全国のちびっ子、頑張って敵を倒さなきゃね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000025-rbb-ent.view-000

ちょっと重たいけれど、、アートの心。
http://togetter.com/li/111288

こういう人たちが、今までの私達の生活を築いてくれてたんだな。安心して、今度はうちらが頑張るからね!
http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo
【2011/03/16 06:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
pray
何も出来る事の無い無力な私。
愛する家族、友人の皆様の事を思いひたすらpray。
【2011/03/15 09:08】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今私が出来る事。
マッチングファンド、友人の賛同もあり上限が3000ドルまであがり、今2000ドル程度集まりました。
こんな事しか出来ない事が悔しいですが、少しでもこの想いが届きますように。
そして、不謹慎と思われるかもしれませんが、他に私が出来る事があるとすれば、日本のものを積極的に消費する事でしょうか。消費して経済を活性化する。自粛していては、益々経済は落ち込んでしまいますからね。

東京の皆さんも今日から計画停電等生活の不自由が始ると伺っております。
イギリスは本当に平和で、普通で、その環境が逆に悔しくて、泣けてくる、そんな私が無責任な事は言えませんが、でも日本なら絶対にこの苦境を乗り越えて更に強くなれると信じています。こんな大惨事になっても、争ったりせず、手を握り合って助け合って。そんな素晴らしい国です。
(因みにイギリスも停電とか日常茶飯事!災害じゃ無いのに!!電車も普通に来ないし!!!地震無いのにどうしたらこんなにインフラ弱いんだ!という感じで、改めて日本の便利さと完璧さを実感したと共に、そんな日本だからこそ、絶対に乗り越えて行けると思うのです。)

NHKを見ていたら、こんな話が。
生後5ヶ月の赤ちゃんを連れたお母さんが必死に津波から避難して、でも間に合わなくて命からがら歩道橋の上にたどり着いたら、自分の1メートル下辺りまで津波が押し寄せて来た、と。でも、周りにいた一緒に逃げた人たちが咄嗟に自分と赤ん坊を抱きしめるように囲んでくれて、だから自分も赤ん坊も濡れずに済んだ、寒さを避ける事が出来た、と。

自分が母になったからかもしれませんが、本当に胸が詰まりました。
いつも日本は冷たいとかぶーたれてた私ですが、本当に猛省です。日本は暖かいんだ。ただ、いつもは照れくさい、表現が下手なだけなんだ。

皆さん、こんな時だからこそ、大切な人たちに、どれだけ大切に想っているか、ぎゅっと抱きしめて、存分に伝えてあげてくださいね。
【2011/03/14 07:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Japan Earthquake Matching Donations
主に在外邦人の方や今回の地震に胸を痛めている海外の人々を想定し、Japan Earthquake Matching DonationsというスキームをFacebookで作成しました。

私自身が500ドルまで、合計1000ドルをターゲットにアメリカ赤十字社にマッチングドネーションを行います。
FBにアカウントが無い方も見られるかは分かりませんが、下記リンクです。

http://www.facebook.com/event.php?eid=199112620106887

何も出来ずもどかしい思いをしています。この程度の額を募金をする事が本当に役に立つのかは分かりません。
でも現実的に私が今やれる事、やらないよりは良いと考えました。
少しでもこの思いと願いが被災者の方々に届けばと願います。

【2011/03/12 22:07】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。