Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人工爪の代償。
ここ何年も、手足ともにジェルネイルを施して来たのですが、出産が近づくにあたり、「妊婦の健康判断で、爪の色を見る必要がある」「そもそも自分で足の爪も切れなくなる」「ジェルはお店で外してもらわなきゃいけない」と様々な要素を検討した結果、最近行きつけのネイルサロンにて自爪マニュキア/ペティキュアに戻してもらうことにしました。

何年ぶりかと言う自爪とのご対面、そして出来る限り短く切り揃えてもらい、さぁ準備万端と思いきや。

爪の弱り方が半端じゃないのです。

未だに手の爪はかなり短めですが、冗談ではなく、缶ジュースを開けるだけで、バキッと(それもお肉の所から)折れてしまいます。

よくよく見ると、確かに健康なジェルネイル前の状態に比べると、自爪の厚みが半分くらいなような。。とにかく薄い。

元々厚みのある健康的な爪で、「ジェルしているみたいですね」と褒めて頂く事もあった自爪達の面影はそこにはない。。

こればっかりは、月に一度は薬品で溶かし、削り、てんこもりにジェルを載せる事で重みを出していた自分の責任。
時間が解決してくれるんでしょうが、自爪だというのに重いものも持てず、ジェル時代よりよっぽど神経を使います。

と言う訳で。

ジェルネイルラバーの皆様。お気をつけあそばせ。
ストーン遊びや盛りネイルなど、やはりジェルに勝るものはないのですが、たまには自爪にラメグラデ、フレンチ、なんかにして、再生期間を与えてあげてくださいまし。でないと、セロファンみたいな自爪になります。。
スポンサーサイト
【2009/11/16 16:04】 つぶやき。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<なんと。 | ホーム | 芸術の秋ラストスパート。>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/76-632b8f49
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。