Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人
今日は久しぶりに、気分が高揚して、「あぁ、このまま終わらなければいいのに!」と思う展覧会に巡り会う事が出来た。

鴻池朋子展@オペラシティ。

konoike

008s.jpg


鴻池さんは、既に現代アートの作家としてかなり知名度があるし、作品を見る機会は今までも何度かあったのだけれど、こういった大掛かりの個展を訪れるのは初めて。ひとつひとつが大作の彼女ではあるが、こういった広いスペース目一杯にストーリーを紡ぎだせたことで逆に個別作品の個性が際立っている気がする。

平日昼過ぎでほとんど人がいなかったこともあり、ほぼ貸し切り状態だったことも、日頃国内美術館の混み具合に疲弊している私に取っては高ポイント。

さて。
展示会入り口では、「動物の毛や百合の花にアレルギーがある方は申し出てください。また、入り口が非常に低い展示室や、聴覚/嗅覚を刺激する見せ方となっておりますのであらかじめご了承ください」とのディスクレイマー。

まさに訪問者がインタートラベラーへと変化させられる瞬間。展覧会なのに、まるでテーマパークの新しいアトラクションに挑戦する前のような、少しの不安と期待を覚える。

開かれた隠れマウンテンの襖をくぐり抜けると、なんだかちょっと星のカービーのような彼女のトレードマークキャラクターミミオの旅や、不連続面を超えた外核、、鴻池ワールドは続く。

mimio.jpeg

ミミオ。ちょっと見かけはユルキャラ。でも旅は過酷で残酷。

お暇なお時間があり、お天気もよくて、初台に行っても良い方には実際に足を運んで見てください。

詳しく言うと面白くなくなっちゃうので、(私は別に評論家でもないし)百聞は一見にしかず、ですが、、「赤ん坊」という作品はすごい。圧巻。よーく見ていると、自分が地球の周りを回っている小惑星のような錯覚に陥ります。ぐるぐるぐる

あー、また見に行こうっと。
スポンサーサイト
【2009/08/26 21:43】 アート。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<どうでもいいんですが | ホーム | 才能の芽。>>
comments
----
みーーーーっけた!
ブログ復帰おめでとう。
これからも楽しみにしているよ。
【2009/08/27 01:51】 URL | kate #-[ 編集] |
----
いらっしゃいませですー。なんか携帯のカメラの画質が悪く、ねぇさんのような目にも綺麗な華やかブログとはいきませんがゆるりと徒然なるままに書いていきます。お付き合いくださいまし。
【2009/08/28 01:27】 URL | nieves #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/6-4d1da6bf
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。