Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
偽奈良作品。
本日の日経夕刊にも出ていますが。
これ、出品された時点で、奈良さんが所属するTomio Koyama Galleryから「本物ではないと本人に確認していますのでご注意ください」という緊急速報が送られてきていました。

実際の出品ページも見ていましたが、確かに「これは奈良作品ではない」色が相当強かったので、落札無効を訴える事は少し難しい気もします。後は、奈良さんご自身が、こういった作品が出回る事に対してどのような対処を取られるか、ですね。

ただ、なかなか作風の特許を取る事も出来ないでしょうから、こういった贋作が出回るのも、有名人税な気もします。後世に、本物として引き継がれない事を願いますが。

=====

ヤフオクで酷似作品を売買 70万円、画家「自作ではない」

 インターネット競売サイトのヤフーオークションに、人気画家奈良美智さんの作品に酷似した絵2点が出品され、「自分が描いた作品ではない」と奈良さん自身が指摘したことが入札者に伝わらないまま、計約70万円で落札されたことが4日、分かった。

 ネットオークションは売買の気軽さで人気が高まる半面、商品の価値があいまいなまま取引されやすいことが指摘されている。画家本人が自作ではないと判断しても競売の場に反映させるのが難しいという問題点が、新たに浮き彫りになったかたちだ。

 2点は奈良作品に特徴的な厳しい目つきの子供を描いた作品で、サイズはいずれも縦約60センチ、横約50センチ。「水彩画?奈良美智?大型?大作?」などと題して出品され、10月23日に入札開始。出品者は入手経緯について「死去した祖父の家の蔵から出てきた。真相や価値は素人のため分からない」としていた。

 奈良さんは出品者に対し、自らの作品ではないと画家本人から連絡があった旨を表示するよう要望。だが回答はなく、「鑑定等はしておりませんので奈良美智の作品ではありません」などの説明が追加された。競売は同27、28日に締め切られ、2点は46万円と約21万円で落札。同タイプの奈良作品の5分の1から10分の1の価格で、未鑑定であることが掘り出し物への期待感を持たせたと関係者はみている。

 出品者は取材に対し「申し入れが本人かどうか分からないので『奈良美智の作品ではない』とだけ記載した」と回答。

 同サイトを運営するヤフージャパンは「奈良さんの作品だと断定していないので、オークションのガイドラインには違反していない。画家本人から(同社に)申し入れがあれば、出品者に連絡を取るようにしたい」としている。

========
スポンサーサイト
【2009/11/04 19:27】 アート。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<カールじいさんの空飛ぶ家。 | ホーム | 最近のベイビー。>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/57-0606f759
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。