Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Kazuo Ishiguro。
5歳の時に渡英し、その後英国最高の文学賞と言われるブッカー賞も受賞しているKazuo Ishiguro。

受賞作の「The Remains of the Day -日の名残」は、アンソニーホプキンス主演で映画化されたのでご覧になられた方も多いかと思います。

学生時代、英語のクラスで指定図書にもなっていましたが、実は彼の著書をちゃんと読んだ事はありませんでした。先日、ふと書店で表紙が目についたので、2005年にこちらもブッカー賞にShortlistされた(惜しくも受賞はならなかったのですが)「Never Let Me Go」を読みました。

ishiguro.jpg

ジャケットや出だしの書き出しからは、想像もつかないような展開になり、ぐいぐいと引き込まれてあっという間に読んでしまいました。

SF的な要素があると言いますか、その設定から、本書がフィクション小説である事は間違いないのですが、情景が美しく、登場人物が丁寧に描かれているので、妙なリアリティが醸し出されています。

読み終わり、映画「ガタカ」を思い出しました。

美しくも、哀しい魂の叫び。

内容について書いてしまうとネタばれしてしまうのでここでは割愛しますが、最近の秋のお天気を感じながら、少し肌寒い日だまりの中で読むのがお薦めです。
スポンサーサイト
【2009/10/29 19:51】 読書。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<語学の学び方。 | ホーム | 産後の本。>>
comments
--同意。--
以前翻訳版についてブログに書いたりしたの!
カズオイシグロ作品の専属翻訳者さんがまた上手いのでしょうけど、思ってる彼の作品イメージをいい意味で裏切る展開も、引き込まれるのもどんどん早くなる物語だよね!!
日の名残りは確かまだ学生時代で、意気がって原書で読んだ覚えあり。いまや必要以上の長文に反応しない都合良く出来上がった自分に全然肯定的ではあるけど、あなたのオススメ書籍はうっかり読みたくなる(笑
次の短評も楽しみにしてます♪
【2009/10/30 00:19】 URL | loveppl #-[ 編集] |
----
読んだよー@日本語で。面白い、ていうから読んだけれど、1回目でわからず・・・。2回目で、やっぱりわからず。3回目で、やっと、感情移入。難しかった・・・。日の名残りは泣けたのに・・・。また熱出てきた・・・図書館にいると平気だけど、部屋に戻ると出る。ハウスシックかな・・・。つらいー
【2009/10/30 07:35】 URL | もっち #-[ 編集] |
----
loveppl>
なんか「しっとり」した気分になる小説でしたわ。
原書も、この人は読みやすい印象だよ。綺麗で無駄が無いんだけど、不必要に難解ではないし。

もっち>
風邪大丈夫ー?ちゃんとフルーツとか食べて、ビタミンC補給して、後は蜂蜜レモンとか。そして暖かくしなさい。腹巻き、レッグウォーマー、マフラー。ハウスシックって熱出るの??あんまり長引くようならまたお医者さん行きなね。(GPが心もとなければ、遠いけどロンドンの日本クラブに行くとか)
【2009/10/30 09:13】 URL | nieves #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/51-e34d633b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。