Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
04/05のツイートまとめ
yu_te0813

悲しい事だけれど、各国ともやはり自国の経済システムを回す事が最重要課題であり、日本で起きた惨事に心痛もうとも、外交的な立ち位置は今後必ずしも同情的であり親日本にならないだろうという事は、もちろん永田町も分かっていると思うが、改めて気をつけないと取り返しがつかない責任を追う事になる
04-05 07:11

なので、もし政府が言うように米仏やIAEAの専門家等がちゃんとチームの一員として本件携わっているのであれば、彼らの顔を見えるようにする事/関わり方をはっきりさせる事が後々凄く重要になると思う。彼らが「我々は与えられた情報しか見せてもらえず蚊帳の外だった」と言い出さないように。
04-05 07:09

現にドイツでは原発推進して来た与党が選挙に負けたりしている。世界で環境だけでなく政治的な影響が出始めている。今は黙っておいて落とし所がはっきりして来た時に本件は日本政府/東電の判断責任と全面的に落とし込む事で自国は対応出来るからOKと正当化し始めるんじゃないかとかなり危惧する。
04-05 07:07

なんとなく世界中で反原発の気運が高まって来ている中で原発事故の過剰な報道をする事に各国にて政治的な思惑が抑止している気がするのは私の気のせいだろうか。もちろんリビア/アフリカ大陸反政府の動き等他に大きなニュースがあるという事もあるが。
04-05 07:03

探せばネット等で記事はもちろんあるんだろうが、少なくともこちらの紙の新聞では今日TimesもDaily MailもMetroもEvening Standardも、震災/原発関連の記事はほぼ皆無だった。
04-05 07:01

てなわけで、これから三週間、19世紀パリ万博を皮切りにジャポニズム、アールヌーボまでの流れを、林忠正と言う美術商を通じてじっくり取り組んでみてみたいと思います。
04-05 05:18

英仏の文献を見ていると、彼の名前が頻繁に出てきて、「ジャポニズムを浸透させた立役者の一人」と称賛されている。たった一人で、開国直後に渡仏し、他の日本人と群れる事無く(早期の若井との協業は別として)信念を貫き日本美術の伝達に務めた事、もっと一般にも広く知られても良いのにな。
04-05 05:16

パリの美術商・林忠正に関するリサーチを本格的に始めた。1913年彼が所有していた美術コレクションがNYでオークションにかけられたそうで、今日はそのセールのオリジナル・カタログを見たのだが、素晴らしい作品が幾つもあった。松方コレクションよりもっと前。彼の功績が認められていれば。
04-05 05:14

スポンサーサイト
【2011/04/06 08:50】 日々徒然。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ロンドンは晴天也。 | ホーム | 04/04のツイートまとめ>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/313-fe819307
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。