Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
我が家のアイドルの一日。
週末に帰国致しました。

人間って、思春期を過ごした時期を訪れると、どうしてこんなに安心するのでしょうか。大学進学で日本に単身訪れてから10年(!)経ちますが、イギリスに帰るといつも「帰ってきたー」という安心感から、日常の緊張感から解放される感じで、心の空気の入れ替えをしてきたような、自分の体内元気バロメーターがリチャージされたような感覚に襲われます。

帰省レポートを詳細に書こうと思ったのですが、実家のゆったり具合を感じてもらうには、我が家のアイドル(ラブラドールの女の子10歳)との一日をご紹介するのが宜しいかと思い、、少しばかりストーリー仕立てでどうぞ。あぁ、天気の悪い日々が続く東京でこれを書いていると尚更ホームシックだわ。

=====
我が家のアイドル。朝のお散歩後、恒例のお昼寝。お気に入りのくまさんはだっこして枕にね。

200910021905000.jpg

実家の前のAvenueの景色。秋を感じるスズキが元気よく天に向かって育っています。

200910022046000.jpg

近所のパブに到着。ここでランチを食べます。犬の同伴ももちろんOK。イギリス人の太陽光線好きは面白い程で、少しでも天気がよいと、季節に関係なく屋外の席は直ぐに満席になります。

200910022132000.jpg


平日昼間からイギリス名物ラガーのハーフパイント。もちろん妊婦の私は禁酒なのでお水で。パブの横には広々とした公園が広がっています。

200910022132001.jpg

腹ごしらえをした後はアイドルの恒例お散歩へ。
ご紹介するような森が実家の周りに沢山あるのです。大体○× Commonsという名前がついていて、犬の散歩や、家族のお散歩、乗馬コース、クロスカントリーなど様々な用途で使われ地元の人々に愛されています。
死後、お気に入りの場所だった箇所にベンチを寄贈する人も多くいて(映画Nottinghillでも出てきますよね)森の中は木漏れ日の中にベンチが沢山設置されています。お天気がよければお弁当を持って一日くつろげる場所。もちろんどの犬もリードはしてません。(ので、たまに元気がよい大型犬が愛想良く突進してくる事もあります。笑)

200910022245000.jpg

森をぐんぐん進みます。場所によって表情が変わるから面白い。同じ森でもとてつもなく広いので(場所によりますが一周しようと思うと少なくとも数時間はかかるのでは)アイドルの気分によって我が家の散歩コースは変わります。暑い日は池で泳いだり。秋は栗拾いすべく栗の木のアーチをくぐったり。自分でお散歩コースを決められるなんて幸せな犬です。


200910022249000.jpg

ロビンフッドが出てきそうな景色。野生のリスやシカ、ウサギも沢山住んでいて、お散歩していると遭遇できますよ。

200910022252000.jpg

200910022254000.jpg

いやはや改めて。

Surrey最高!笑 

何より我が家のアイドルはこんなに素晴らしい大自然で毎日1時間はお散歩出来ていて、なんて幸せなんでしょう。

犬と一緒に赤ちゃんを連れて散歩している人も沢山いて、しかも「その子、昨日産まれました?!」みたいな小さなNew Bornと遭遇する事も多々。

どうやらイギリスは、お母さんさえ元気であれば出産翌日からでも外出OKのようで。
確かにこんなところで散歩していると、良い免疫力がつきそうです。


スポンサーサイト
【2009/10/05 09:36】 イギリス。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Inoue Sato。 | ホーム | ロンドンは快晴也。>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/29-d91b08ca
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。