Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
02/23のツイートまとめ
yu_te0813

また、必ずしも拡散/浸透される情報が真実に近い訳ではないという事も当たり前だけれど重要。特にツイッターでその現象を強く感じる。ファクチュアルな情報は除いたとしても、極端な意見に注意を惹かれてしまうのが人間。
02-23 09:30

要は人類総思想家の走り状態となってしまったこの時代を、将来の社会学者はどのように纏めるのか非常に興味がある。美術史も同じく。より一層の主観的選択が迫られた時、人間が処理出来る情報量はほぼ一定だった場合の「権威」が持つ影響力増大は避けられるのだろうか。
02-23 09:26

日本語では言霊という言葉があるけれど、ネット上の発言は、ツイッター、ブログ、FB、どんな形式だったとしてもほぼ半永久的に残されるという点において、人類史上初めて発言の手軽さと発言の持つ重みが反比例しているという事実は未だそんなに認識されていない。
02-23 09:22

にしてもエジプトのムバラクも、リビアのカダフィの息子も、みんなロンドンで学び、仕事をしている。カダフィの息子に至っては、LSEに億単位での寄付金も献上しているとか。研究にはお金が必要、寄付を受けて何が悪い、とはLSEの弁、だけど、そのお金がどうやって生み出されたかが問題なのでは。
02-23 06:07

彼らのビジネス売り込みを補助したらいかんでしょうに。英国産の武器が、バーレーンやリビアで民衆の抑圧に使われている。英国のArmsは一大産業。この二枚舌が、英国らしい外交と言えばそれまでだが。更にその言葉を持ってして中国政府とどう向き合うのかも興味深い。
02-23 06:04

キャメロン首相のスピーチ@クウェート。要は、「今まで我々は必ずしも民衆にとって好ましくない政権とも安定と貿易の為に関係を維持して来た。それは間違っていた。我々は民意をサポートしなければならない」と言うけどさ、その中東訪問に、武器製造会社のビジネスマンを引き連れて
02-23 06:03

スポンサーサイト
【2011/02/24 09:28】 日々徒然。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<02/24のツイートまとめ | ホーム | 02/21のツイートまとめ>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/278-0b880662
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。