Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Wolf Hall。
やっと課題も一段落したので(年明けのリサーチペーパー提出は今のところ忘れる)読みたかった本を手に取る事が出来ました。

Wolf Hall by Hilary Mantel

イギリスで最も権威のあると言われる文学賞、The Man Booker Prizeの2009年度受賞作品でもあり、同賞史上最高に売れた本との事。しかも内容がドロドロ血みどろのTudor家についてと来たら、、読むしか無いでしょ!という訳でゲット。

・・・したものの、かなり分厚い本である+学期中は色々と忙しかったのでなかなか読み始められず、やっとここ最近になってページを開く事が出来たのですが、これが面白い。かなりよく見る題材ではありますが、ヘンリー八世とその妻達(特に2番目の妻Anne Bolyen:エリザベス一世の母)の話はそれぞれ筆者によって描き方が違うので毎度新しい発見があって何度読んでも面白いし、この本はその中でもThomas Cromwellというヘンリー八世が最も信頼した側近が主役という点でも少し視点が異なっていて興味深いのです。

その上、ヘンリー八世から追放されたCardinal Wolseyが自宅軟禁中に日々を過ごし、実はTudor時代最初の建築物とも言われているのが私の地元でもあるEsherにあるWayneflete Tower(別名Esher Palace)というのもなんだか親近感を覚えてしまう訳で。正直そんなPalaceがあるだなんて今まで20年弱もいて知りませんでした、、、でもどなたかがプライベートに保有されお住まいなようで一般公開はされていないそうで、それも凄い話ですよね。

IMG_2345.jpg
こちらお写真を他のウェブサイトから拝借。いつか一般公開されると嬉しいなぁ。

そういえば、最近は通っていた高校から「来年は我が校もエリザベス一世の創立以来450周年を迎えます」という事で、イベントや寄付金お願いのお便りが頻繁に届きます。
創立450年!という事も驚きですが、やはりこの辺りはHampton Courtも近いからか、Tudorとの縁が深いようです。

日英問わず歴史小説好きには堪らない至福の時間。さ、それではまた泥沼の人間関係の世界へ、タイムスリップする事と致しましょう。
スポンサーサイト
【2010/12/19 20:13】 読書。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<12/22のツイートまとめ | ホーム | クリスマス。>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/239-d47ba3a2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。