Nueva Vida 自分のペースで、しっかりと、一歩ずつ、前に。 感謝の気持ちを忘れずに。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お散歩日和
やっと涼しくなってきました、東京。

久しぶりに東京の猛暑と向き合う事になった今夏(社会人になってからはクーラー病との闘いの時期でしたが)、妊娠初期という事も重なりまさに堪え難い暑さ。息を吸うだけで汗が噴き出す日々を、じっと祈るように過ごし、そしてここ数日やっと頬に感じられるようになってきた秋の風。

芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、とは良く言ったものです。奪われた様々な意欲が、正常機能し直すこの季節。

立て続けに2つの美術館を散歩がてら訪れました。

原美術館。

原美術館コレクション展を訪れ、その後は気持ちのよい屋外テラスカフェでのんびりとお茶。美術館は比較的小さいので、やはりカフェの滞在時間の方が長くなってしまうここ。緑一杯の森の中を歩くのも大好きだけど、大都会の無機質なビル群の中に現れる緑の空間も好き。大好きな「風の谷のナウシカ」の、腐海の下の空間を彷彿させて、自分がリチャージされる気分になります。

haramuseum.jpeg

そういえば、昔広尾にあった羽澤ガーデン、都会の中にぽっこり出現した緑の空間が大好きで良く行っていたのに、どうして無くなってしまったのかな、、、と思い調べてみたら、マンション群への立て替えの計画があるらしく?!是非、保全してほしい!

2つ目はお馴染み森美術館

前の会社のときは、会社がコーポレート会員だったこともあり、IDを見せれば何度行っても無料だったここ。退職する時、本気でこの福利厚生が利用できなくなるという事は凹みました。唯一後ろ髪ひかれる思いにさせた要因といっても過言ではない。あ、あと毎回もらってた写真美術館の無料入館券もか、ってどっちにしろ仕事とは全く関係ないんですけど。

今は、中国の現代アーティストとして著名な、北京五輪の「鳥の巣」もデザインしたアイウェイウェイ展がやってます。

個展の感想は別として、面白い試みだな、と思ったのが、館内作品の撮影が許可されているという事。予想通り、まだ学生と思われる若いカップルが携帯でパシャパシャ撮影していました。恐らく、ブログ等に掲載して紹介してもらい、口コミで宣伝してもらう事を意図しているんじゃないかなと思います。一定の条件を満たしての掲載を許可する注意書きもちゃんとありました。

そういえば、森美術館がその方向性を目指しているNYのMOMAなんかは写真撮影許可されてますよね。私的ナンバーワン美術館のPS1(MOMA姉妹美術館)でも、興奮してがんがん撮影していた事を思い出します。

作家の著作権の問題など、課題は沢山あるんでしょうが、抑圧しても、海賊版CD/DVDがなくならないように、全く排除する事は難しい問題だとは思います。
これだけ個人の情報発信力が無視できなくなってきた現代において、逆にその構造を逆手に取って、ある程度ルールを決めることで自由に作品を評価/宣伝してもらうというのは、有効な一案だと思います。作家が作品に自信が無いと難しいかもしれませんし、何より作家の前衛的な理解が必要だと思いますけれど。

芸術作品は、自分の目で見なければ良さが分からない、百聞は一見にしかず、ですし。

NYのPS1。NY慣れしていないビジターには、なかなかドキドキする周辺環境です@クイーンズ。
images-2.jpeg



スポンサーサイト
【2009/09/09 20:11】 アート。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Hablo Espanol.. un poquito.. | ホーム | 母になる準備。>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nuevavida.blog46.fc2.com/tb.php/12-f41ab687
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。